ブラウンストーン » ブラウンストーン研究所の記事 » ジャーナリズムの不正行為のパンデミック 
パンデミックジャーナリズム

ジャーナリズムの不正行為のパンデミック 

シェア | 印刷 | Eメール

マット・ハンコックは、パンデミックが発生した2020年に英国の保健長官でした. ロックダウンのタカで道徳的なピグミーである彼は、一連のロックダウンが続く中で、イングランドでのビジネス、社会、教育、レクリエーション活動に厳しい制限を課した作者でした。 

26 年 2021 月 XNUMX 日に CCTV の画像が彼が雇った上級補佐官ジーナ・コラダンジェロにキスをしたり手探りしているのを捉えた後、彼は辞任を余儀なくされました。 映像はすぐに流出した サン

ハンコックとコラダンジェロは当時、結婚して子供がいましたが、その後のスキャンダルで家族から離れ、それ以来一緒に暮らしています.

その後、ハンコックは回想録を書くことを決定し、ジャーナリストのイザベル・オークショットを共著者として雇いました。 パンデミック日記: Covid に対する英国の戦いの裏話  XNUMX月に刊行されました。 誤解を招くタイトル(今では驚きがあります)にもかかわらず、この本は同時期の日記に基づいていませんでしたが、ハンコックの回想に基づいており、彼の通信記録によって補足されていました.

コラボレーションの一環として、また秘密保持契約の偽りのセキュリティにより、ハンコックは、Covid パンデミックを管理するためのポリシーの作成に関与するすべての主要なプレーヤーとの WhatsApp 通信全体をオークショットに引き渡しました。 彼女は 100,000 件のテキスト メッセージすべてを テレグラフ 一般的なタイトルで一連のレポートと解説を公開しています ロックダウン ファイル 28月XNUMX日から。 

オークショット 彼女の決定を説明した 国と人々は欠陥のある危機管理に対する緊急の回答に値すると言って、機密保持契約を破ること。 彼らは、正式な調査報告書が数年後に出るのを待つ余裕はなく、白塗りの本当のリスクがあります。

MSM ジャーナリストのプロとしての好奇心の欠如

メディアが仕事をしていたら、パンデミック政策についての発見の壮大な旅に出ることを余儀なくされなかったでしょう. 過去 XNUMX 年間のまだほとんど信じられないような経験を振り返りながら、私はさまざまなアイデアや考えを精査してきました。

私は 2020 年にファイリングを開始しました。23 年 2020 月 28 日付の「Where have all the liberals gone」というワーキング タイトルの Word ドキュメントがあります。 そうだった 公表 翌日、タイトルは異なりますが、中央左のオンラインのオーストラリアの日刊紙の解説で 真珠と刺激. ウイルスの期限とロックダウンの推定上の正当化に関する公式の主張を参照して、私は次のように書いています。

ほとんどすべてのジャーナリストは、当局の主張に対する皮肉を失い、代わりにパンデミック パニック ポルノの中毒になっているようです。 とられた措置は極端なものであり、戦争中に行われたことよりも、以前のより致命的なインフルエンザの流行中に試みられたことよりもさらに….

批判的で懐疑的な専門家は、政府とモデラーの主張をトーチの下に置き、彼らの予測が外れた誤差の大きさについて、しおれた批判にさらしたでしょう. 代わりに、彼らは主に、皇帝の新しいローブの素晴らしさを称賛する熱狂的な群衆に加わりました. または、比喩を変えると、武漢の邪悪な魔法使い (WWW) が全世界に邪悪な呪文を唱え、人間が限られたスペースに閉じ込められ、他の生き物が自由に歩き回る魔法の森に変えたかのようです。ホモ・サピエンスに脅かされています。

記事 オンラインのオーストラリア中道右派の毎日の解説に掲載されました ストラテジスト コロナウイルスの勝者と敗者に関する 5 月 XNUMX 日の記事で、私は敗者の中にメディアを挙げました。 代わりに、ほとんどのメディアがパンデミック ポルノ中毒者になりました。」 で 記事 in スペクテイター オーストラリア 2021 年 XNUMX 月、ついに、コロナウイルスが「偽ジャーナリズムの猛吹雪に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

私はこれらについて、自分の背中をなでないように言います (それは理解できるかもしれませんが!)。 むしろ、読んでいるからです。 ロックダウン ファイル 氷のように冷たい怒りで私を沸騰させました。 (それとも、「ホワイト ホット」の方が強い表現ですか? おかしな言葉、英語です。) ジャネット・デイリー コメント、私たちは「無関心なジャーナリズムからプラウダに一気に」行きました。 そして、 ジェフリー・タッカー 「[MSM によって]増幅され、埋められたものは編集上の決定であり、現実を反映したものではありません。」 彼らは迷信的な恐怖を増幅し、科学的懐疑論を現実の二重の歪曲の中に埋めました。

25 年 2020 月 XNUMX 日、今となっては信じられないことですが、 ドナルド・トランプはツイッターで中国の習近平国家主席に感謝の意を表した:「中国はコロナウイルスを封じ込めるために非常に懸命に取り組んでいます。 米国は、彼らの努力と透明性を高く評価しています。 すべてうまくいくでしょう。」 

XNUMX日後、トランプの発言に注目して、SiobhánO'Gradyは次のように書いています。 ワシントン・ポスト 厳格な政府だけが、人々の活動を制限するためにそのような厳しい措置を講じることができる. 彼女は、中国の極端な措置は「感情的な反応」であると外交問題評議会のYanzhong Huangを引用した。 多くの場合、それらは証拠に基づいておらず、州の論点をオウム返しする疑いのないメディアによって悪化する深刻な副作用を引き起こす可能性があります. ダメだ、シャーロック。

米国のメディアが、ロックダウンに疑問を呈し、国を追及する個人や政治家をひっくり返して中傷するのに、それほど時間はかかりませんでした(日本, Sweden) と状態 (フロリダ州, , アイオワ州, サウス・ダコタ) はロックダウンを拒否しましたが、 アンドリュー・クオモのパフォーマンスを惜しみなく称賛 ニューヨークで。 YouTube は、の動画を削除しました 米国上院委員会の公聴会、および ロン・デサンティス知事による円卓討論 トランプのコロナウイルスアドバイザーであるスコット・アトラスと グレートバリントン宣言 (GBD)、彼らのアドバイスに基づくほとんどの主要なパンデミック指標に関して、フロリダは米国の州の中で比較的成功しているにもかかわらず.

そしてなお ダナ・ミルバンク で書きました ポスト 3 月 XNUMX 日には、GBD の作成者を嘲笑する記事が掲載されました。 ばかげたレトルトは、「長いcovidiocy」スミアが彼に起こったときに彼が鏡を見ている可能性があるかどうかを尋ねることです. より実質的な反応は、誰かが英国のロックダウンファイルに注意を向け、次のように尋ねることです: 彼の仲間のアメリカ人ジャーナリストの中で、ウォーターゲート時代の同等の調査を行ったのは誰ですか? ポスト パンデミックに関連して主役を演じたのは?

オークショットは、一部の英国のジャーナリストから批判されています – ニック·ロビンソン, キャシー・ニューマン (非常に包括的かつ丁寧に削除されました バイラルインタビュー 2018 年 43.5 月に Jordan Peterson と共演し、XNUMX 万人以上が視聴した)、 ケイ・バーリー – 信頼と守秘義務を裏切ったことに対して。

私を惜しまないでください。 

彼らは、データのないブードゥー科学によって指示された、これまで以上に厳しく、連続的に長い制限のドラムビートに参加する方法によって、彼らの職業に与えられた無限に大きな損害について、いくつかの魂の探求に従事する方がよいでしょう. テレビやラジオのニュースを見たり聞いたりするのを完全にやめたのは私だけではなかったと思います.

WhatsAppのメッセージは、公式の政策決定プロセスの一部であり、法律により公開されるべきものです。 それらは適切に政治家ではなく国民に属しています。すべての人に影響を与える決定を下すために、公式の通信デバイスを使用して、納税者から支払われ、納税者に説明責任を負っている大臣と補佐官によって書かれています。 政府はどのような倫理的原則によってそれらを隠していたのですか?

Oakshott は、機密保持契約に違反したことを認めています。 だから何? 公共の利益は最優先事項であり、それにも切迫感があります。 日々の新たな啓示のバッチで、有毒な機能不全と不正行為の巨大さが大衆の意識に沈むにつれて、批判的なつぶやきは消えたようです.

確かに、公式の調査はすでに設定されています。 しかし、論争の的となっている政府の政策と行動に関する公式の調査に関する英国の経験は、公聴会のタイムライン、最終報告書の公表と内容に関して、あまり安心できるものではありません。 

また, 血の日曜日 調査は 1998 年に開始され、2004 年に証拠の聴取を終了しましたが、2010 年までその重大な報告書を公開しませんでした。 

また, チルコットレポート 英国がどのようにイラク戦争に参加したかについてはかなり良かったが、2009年から2016年までXNUMX年以上かかった. ハットンお問い合わせ 英国の科学者デビッド・ケリーの自殺について、XNUMXか月以内に報告書を作成しましたが、完全なごまかしでした. 調査報告の最初のニュース報道での私の完全な不信感を今でも覚えています。

Covidの公式調査によって、どれだけの資料が編集され、どれだけ公開されるのでしょうか? ホワイトウォッシュと、正直で堅牢な分析と噛み付きの推奨事項とのバランスはどうなるでしょうか? お問い合わせチェア バロネス・ヘザー・ハレット高等裁判所の元裁判官である彼女は、結論に達し、できるだけ早く勧告を行い、ごまかしを作らないように「決意している」と主張している. 

しかし、公聴会はまだ開始されておらず、最初の公聴会は 13 月 XNUMX 日に予定されており、これまでに XNUMX 人の証人も呼ばれていません。 少なくとも 62人の法廷弁護士 椅子に指示されれば安くはなりません。 調査の請求書は £113百 これまでに授与された 2023 件の公的契約に基づいて、37 年 XNUMX 月に

公式の調査による氷河の進行と、その遺産を守るために必死であり、そうすることに非常に熟練している施設によるそれらの捕獲を背景に(時間をさかのぼって、 はい大臣 > はい、首相 繰り返しになりますが、メディアには、情報を公開し、議論を加速させ、記憶が新鮮で傷が生々しい間、説明する力を保持する義務があります。

の記事で テレグラフ, ジュリア・ハートリー・ブリューワー –英国のCovid政策のナンセンスの多くを大胆不敵に追求するために頭を高く保つことができる数少ない英国のジャーナリストのXNUMX人 –彼女のジャーナリストの同僚を激怒させます。 彼女は、Oakeshott のプロとしての誠実さに対する彼らの疑問が、競合他社による大規模なスクープへの羨望によって動機付けられているかどうかを尋ねます (Toby Young はそれを「 十年のスクープ」)、またはロックダウン、学校の閉鎖、マスク、ワクチンに関する政府の政策の本質的な健全性に関する彼ら自身の信念に疑問を投げかけているためです.

彼らは、自分自身の知的な怠惰と好奇心と調査への熱意の欠如を見せつけられたことへの怒りに突き動かされている可能性が高く、XNUMX年近く政府からの政策発表に対して厳しいが必要な質問を投げかけてきました。 代わりに、彼らは新たな制限の発表のたびに歓声を上げ、多くの場合、より厳しく、より早く、より長い制限を要求しました。 Hartley-Brewer 氏は次のように結論付けています。

おそらく、これらのジャーナリストが 2020 年と 2021 年に適切な質問をすることに気を配っていたなら、今ここで Matt Hancock の WhatsApp メッセージの泥沼で答えを探す必要はなかったでしょう。

メディアの弱気性を説明できるものは何ですか? 経済活動が大幅に縮小したため、多くのメディアは政府の広告収入に大きく依存するようになりました。 の カナダ > New Zealand、政府はメディアの一部に直接補助金を出し、600 億カナダドルに加えて 65 万ドルの補助金を支払った」緊急救援」パッケージと NZD 55 万、それぞれ。 

パンデミック時代の「血を流せば成功する」の類推では、誇張された大惨事がサイトに多くの注目を集め、追加の収益を生み出しました。 そしておそらく、反響室はメディアクラス自体を恐怖に陥れることになった. それはすべて、ジャーナリストの好奇心、調査の起業家精神、国家の物語に異議を唱える意欲の悲惨な放棄につながりました.

スペクテイター オーストラリア と SkyNews Australia は、ここオーストラリアのメディアの狂気に対する名誉ある例外であり、 オーストラリア人 ような アダムクレイトン, クリス・ケニースティーブ・ウォーターソン. 英国の GBNews や、Hartley-Brewer、Peter Hitchens、Allison Pearson、Toby Young などの個人ジャーナリストも同様でした。 後者が設立した ロックダウンの懐疑論者 (現在 毎日の懐疑論者) とともに、 保守的な女性、および米国のブラウンストーン研究所は、孤独と絶望の圧力の中で、生きていなくても、非常に多くの人々が正気を保つのを助けました.

ヒッチェンズ は、最初からロックダウンを呼びかけた別の英国のジャーナリストでした。 彼の問題に対して、彼は Independent Press Standards Organization (IPSO) から正式な非難を受けました。 ロックダウン ファイルが公開され始めた後、彼は次のように書いています。名誉として。」 ほぼ正しいように聞こえます。

ビル・ゲイツ・ファクター

関連する質問は、ビル・ゲイツが世界的な健康問題のメディア報道に及ぼす影響の範囲と、病気に関する彼の見解に関する聖人伝に近い報道です。 ゲイツ財団は、 319万ドル マスコミへ。 

彼の手口は、新しい病気による脅威を誇張し、脅威と戦うための新しいテクノロジーに投資し、その可能性を誇大宣伝し、株価が上昇するのを見て、ピーク時またはピーク近くで売り、脅威が懸念されたほどひどくは実現しなかったことを認め、そうではなかったことに安堵を表明する。 また、テクノロジーも期待に応えられなかったことを認めます。

に書き込む スペクテイター オーストラリア 先月、 レベッカ・ワイサー ゲイツ氏は、19 年 2019 月に BioNTech (ファイザー Covid-18 ワクチンを製造) に投資し、株価は 300 ドルで、242 年後に株式のほとんどを XNUMX ドルで売却し、XNUMX 億 XNUMX 万ドルの非課税利益を上げたと述べています。

2020 年 XNUMX 月、ゲイツは、アフリカの医療サービスがコロナウイルスによって圧倒される可能性があると警告しました。 10万人が死亡. XNUMX月、メリンダ・ゲイツは次のように警告した アフリカの街中の死体. 年末に向けて、ビル・ゲイツはなぜアフリカのCovidによる死亡者数が 予想ほど高くない. 「私が間違っていてよかったと思うことの19つは、少なくとも、私が間違っていたことを願っていますが、Covid-2023が低所得国で蔓延するのではないかという私の恐れです。」 によると、XNUMX 年 XNUMX 月までに ワールドメーター、アフリカのCovidによる死者の総数は258,000人でした。

世界的に有名な健康慈善家を助けることができるかもしれません。 18 年 2020 月 XNUMX 日に紛争の建設的解決のためのアフリカ センター (ACCORD: 私は国連時代に彼らと密接に関わっていました) が運営するウェブサイトに寄稿しました。 アドバイス: 「アフリカには、恐怖に駆られたアプローチではなく、証拠に基づいたアプローチで世界をリードし、集合的に狂った世界で正気と平穏のオアシスになる機会があります。」 

リスク評価には、当時のCovid感染からの高い生存率が含まれており、感染のわずか0.2%が深刻であると分類されていました(現在、世界の感染者の0.1%とアフリカの活動中の感染者のXNUMX%のみがWorldometersによって深刻または危機的であると説明されています)。 最も脆弱な人々の急激な年齢勾配と、アフリカ諸国のかなり若い人口プロファイル。 日当たりの良い開けた土地に住む人口の割合。 そして、複数の致命的な病気の蔓延。 

このような背景に対して、アフリカ諸国はパニックにならず、状況の変化を注意深く観察し、感染者数と死亡者数の突然の爆発に備えて、医療インフラと急増する能力を緊急に改善し、必要が生じた場合にのみこれらの準備を開始する必要があります。 . イベントでは、そうではありませんでした。

ゲイツが今年 54 月にオーストラリアに飛んだとき、Lowy Institute の後援の下でのモデレートされた会話の中で、彼は次のように述べています (この YouTube の 30:XNUMX 付近で ビデオ 23月XNUMX日のイベントの):

[Covid mRNA]ワクチンのXNUMXつの問題も修正する必要があります…。 現在のワクチンは感染をブロックしません。 それらは広範ではないため、新しい亜種が現れると保護が失われます. そして、特に高齢者である重要な人々では、その持続時間は非常に短いです。

ちなみに、ゲイツは最前列の席から、ワクチン接種を受けていない世界で最も有名なアスリート、ノバク・ジョコビッチが優勝した全豪オープンの男子テニス決勝を観戦していた. ゲイツの考えにペニー?

レギュレーター、ヒール・ザイセルフ

ジャーナリストはかつて、権力に対して真実を語ることを熱望するグループでした。 私の残念な結論は、今日あまりにも多くの人々が、権力への近さを獲得し、維持するために公式の嘘を逆流させているということです. あるべき姿のジャーナリズムの崩壊の悲劇は、前述のように、IPSO がヒッチェンズに手渡した非難によって完全に説明されています。 トビー・ヤングを叱責した の XNUMX つの列に対して テレグラフ 7月2020で。

放送規制当局が批判的なコメンテーターによるわずかな虚偽の発言で激しく非難している最新の例は、GBNews で、たとえば「暗示的」または「可能性」の代わりに「決定的」という 21 つの間違った言葉を使用したとして、Ofcom が Mark Steyn を引き上げたことです。 2022年XNUMX月XNUMX日放送。 

As ドミニク・サミュエルズがツイート: 「つまり、マーク・スタインのコメントはあなたの『放送規則』に違反していたが、TV ドクターのサラ・カヤットは [ITV のディス・モーニング] で、Covid-19 ワクチンは 100% 効果的であり、反論は含まれていなかったと主張していたのではないか?」 正確に。

残念なことに、GBNews は Steyn を手放しました。 しかし、元気なコメンテーターは自分の意見を持っていました。Ofcom は公平な仲裁人ではありません、むしろ、XNUMX年前に一方の側、つまり国家の物語の側を取ることを選択した機関. そしてそれが起こったとき、それはテレビやラジオでの率直な議論を台無しにしました。」 Ofcom を暴露するために本物の法廷に上訴することを約束し、彼はヒッチェンズに反論しました。

ロックダウン ファイルのおかげで、Covid の政策の多くが残酷で非人道的であり、ドグマと自己利益に駆り立てられ、必要な証拠がなく、時には科学的アドバイスに反して、恐怖を助長したことを示す「決定的な」証拠が得られました。 、政敵との議論を選ぶことを避け、個人的および党の議題を促進するなど。Covidの蔓​​延を止めることはできませんでしたが、実質的かつ永続的な損害を与えました。

メディア規制当局はどのくらいの頻度で、ロックダウン、マスク、ワクチンを支持する虚偽の主張について、大臣、新聞、放送局を正式に非難しましたか? 自由民主主義は、自由な報道は自由社会の不可欠な支柱であり、メディアの綿密な精査はより良い政策結果をもたらすと同時に、権力の乱用のチェックとしても機能するという信念、いや、信念に基づいて運営されています。

11月XNUMX日、 シュピーゲル、によって歓迎 エコノミスト "としてヨーロッパ大陸で最も影響力のある雑誌の XNUMX つ」は、私が知っている最初の MSM となりました。 MEA罪 そのコラムニストの一人であるアレクサンダー・ノイバッハーによる: 

Google翻訳: 

パンデミックで過剰を禁止する 
私たちのコロナ失敗 
多くのパンデミック対策が無意味で、過度で、違法であることがわかっています。 私たちメディアにとっても、栄光のシートはありません。 

私たちが今知っていることに照らして、次のように尋ねるのは不公平でしょうか? Ofcom と IPSO による強力なメディアの質問と報道の脅迫がなければ、何人の死亡者と予防可能な怪我や病気を回避できたでしょうか? この二重基準に対処する準備ができていない場合、彼らは自分の信頼を損なう危険があります。



の下で公開 Creative Commons Attribution4.0国際ライセンス
再版の場合は正規リンクをオリジナルに戻してください。 褐色砂岩研究所 記事と著者。

著者

今日の寄付

ブラウンストーン研究所への皆様の財政的支援は、作家、弁護士、科学者、経済学者、そして現代の激動の中で専門的に粛清され、追放された勇気ある人々を支援するために使われます。 彼らの継続的な活動を通じて真実を明らかにするのを助けることができます。

ブラウンストーンを購読して、より多くのニュースを入手する

ブラウンストーン研究所の最新情報を入手する